manishasdesign designworks
prince
DSC_0009_25.JPG
しばらくお手軽なものばかり使っていたから、本当に久しぶりの更新。
プリンスが突然なくなってしばらくたったのだが、まだ心の隙間が埋まらない。
友人のメッセージで聞いたときも、信じられなかった。他の人も書いているが、なんとなく、彼は死なない気がしていたから。
それほど彼は特別だから。

初めて見たのは深夜のテレビ番組。その頃はイギリス発のポストパンク、レゲエなどの音楽に夢中だったし、それ以外の音楽にはほとんど興味がなかった。でもビキニパンツでギターを背中に持ちパフォームする彼に釘付けになってしまった。
今までそういうビジュアルの人を見た事が無かったし、ファンクというものもほとんど知らなかった。
ヴァニティのビデオのあと流れた1999とlittle red corvetteにさらに釘付け。
なんといえばいいのか、説明の出来ない状態で、とんでもなく引かれてしまった感じ。

次の日、音楽好きの友達と(彼女も大興奮してた)、彼の話でもちきりだったのは言うまでもない。
そうこうしているうちにパープルレインが公開され(あのときは一夏そればかり聞いていたような気もする。個人的にはそれ以前のアルバムの方が好みではあったけど)、初めての日本公演にも行き(日本で見られるとは思わなかったので、感激のあまり号泣)、もう一度ライブを見て、何度かアルバムが出て、また聞いて・・・名前が変わり、以前の名前に戻してしばらくしてからは、それまでのように熱烈にチェックする事はなくなったけど、いい感じに年を重ねて行く彼は、私の音楽ライフのどこかに、いつも居てくれた気がする。数年前にジャズフェスティバルのチケットを探したけれど、とっくに完売していたっけ。いつかミネアポリスの1st Av.に行くのが夢やったのにな。

彼の何でも吸収して独自の世界にした音楽が好き。ソウルもジャズもロックも、ファンクはもちろんヒップホップも、あえて書くけどR&Bも(アルバムのジャケットにもあったけど80sのtwo toneやクラッシュ、new waveも好きだったそう)。それにハウスやジョニ・ミッチェルのような世界まで。とんでもない歌詞も多かったけど、さびしんぼうで恥ずかしがりやで控えめな内容の曲もいっぱい(これこそが彼の世界と思う)。彼の曲でヒットしたシンガーの多い事。
硬派の音楽評論家や、現代音楽の作家まで、”気になるのはプリンス”と言わせてしまうのは、ジャンルを超えた、独自の世界があったからこそじゃないかな。

音楽ビジネスにも勇敢に戦ったし。

そんな彼がもう居ないなんて。ちょっと途方に暮れてしまう。

DSC_0048_7.JPG
ビジュアル的には一番好きな、インナースリーブ。色と言いバランスと言い最高。

プリンス。



 
music, movie - -
chef、今年一番好きな映画かも。gut stuff!
main.jpg
日本では先に公開されていたのでずっとずっと気になっていた映画がやっと封切りになったので行ってきた。なぜかこちらではkiss the cookという変なタイトル。おかげでオリジナルを探すのに苦労した。
こういう映画を吹き替えで見る事ほど、面白くない事は無いから。
どちらにしても日本語字幕じゃないので、100%理解する事は出来ないし。

あらすじはざっと知っていたけど、予想以上に良かった!
テーマも、ディテールも、ちょっとローバジェットな感じの撮影、エディットも。
もちろん食べ物のシーンも。

でもなんといってもまず音楽にやられた。

最初はal green。ここでノックアウト。それからrudy, a message to you, Mi swing es tropical, Hot 8 Brassband ヴァージョンのsexual healing (オリジナルより好き)等々、LA, マイアミ、ニューオリンズ、テキサス、それぞれシチュエーションと舞台に合わせた音楽がすばらしく、最後カリフォルニアに戻ってきたときはrogerがかかり、ここで悶絶。

制作、脚本、監督、主演までこなしたjon favreauという人の事はほとんど知らなかったけど、関連記事を読んでいると、ますます主人公のカールとイメージが重なる。
正直で、シンプルで、ちょっと不器用で、、、。

話の中には生きるためのヒントと言うか、姿勢、フィロソフィが沢山ちりばめられている。
自分のやりたい事をやるべきというスタンス。きっとこれは自分の経験から来ているのだろうな。
特に彼の息子との間で、、市場の野菜の美しさ、汚れているからといって簡単にものを捨てては行けない事、包丁をもつということはどういう事かという事。誠実であること、等々。また彼も息子からSNSのことやなんかを学んで行くのも面白い。ディズニーワールドよりも
ニューオリンズのベニエを選ぶところがまた渋い。

沢山アドリブっぽいシーンがあって、どこか完璧じゃなくて、でもみなとても楽しそうに撮影しているのがあふれていて、心がワクワクした。
トップレストランで昇格したのに、それを投げ出してカールを手伝うマーティンがまたいいやつなんよね。言葉はすっごく汚いけど(笑)。

あと彼は、伊丹さんのタンポポにとても影響を受けたそう。うーん、それもつながってる感じ。思わずうれしくなってしまう。

使い込まれた和包丁を含む彼の料理シーンも素晴らしい。にんにくがこれでもかという位入ったペペロンチーノや何やら南部っぽい豚バラのロースト、シアントロいっぱいのソース、うになんかも使われていたり。
でも一番美味しそうなのは彼が息子に作る朝ご飯。簡単なようでいて、絶妙のタイミングで焼き上げられるハッシュドポテトやホットサンドイッチ。そのときは息子もあまり興味が無いところがおかしいのだけれど。雑然としたキッチンも素敵です。

後2回くらいみたい。

music, movie - -
Sayin' It and Doin' It
タイトルの曲、毎朝出かけるときに聞いて気合いを入れている。
彼が歌うからこそ説得力があるのだとは思うけれど、最近時々思うな。
やっぱり、ある程度自分自身で強くあるべきだと。
自分がしたいことを、するべきだと。
自信を持って、強い態度で。

ということで、私も今年は言うだけでなくてやるねん!
music, movie - -
ゴダールと晩ごはん。
IMG_6495.JPG
やっと、”気狂いピエロ”鑑賞。いろんなゴダール映画を見たけれど、これは今まで観るチャンスがなかった。いったん借りたものの、放っておいた30日間有効のレンタル期間が後2日で終わるということであわててみた。(それにしても、借りたフィルムがアプリケーションで見つけられない、といのはどうなんやろ?)

赤、青、明るいブルー、ピンクの色がとてもすばらしい。ピカソ、マティス、シャガール、ルノワール等の絵画か所々入るところや、日記の下記文字のシーン、主人公が突然こちらを向いて話すところ、前ふれなしの人物のカット、感覚的な会話。
なんてたくさんの映画に影響を与えたのだろう。
それと、アンナ カリーナの可愛さはもう反則。すごくキュート、すごくフレンチ。(でも、実際はデンマーク人なんやね)
brethless でわからなかったジャンPベルモントの良さも、やっとわかった。

ほんとうにすごい。当時は映画の概念を変えたのもよくわかるし、ヌーベルバーグと言われた意味もよくわかる。new wave! bossa nova!

そしてご飯。
写真にはないけれど、まるまるとしたいい栗があったので、切れ目を入れて(これが本当に怖い作業だった。丸くて、殻が堅くて手が滑りそうで)200度のオーブンで20分。真ん中にお湯を入れたココットを忘れずに。ほっくほくで最高の焼きぐり。

IMG_6496.JPG
これもなかなかおいしく出来た、いためキノコとブロッコリー、アーティショークのサラダ。肌寒いし、お肉メインではないのでこういう生野菜じゃない和え物っぽいサラダがいい。マスタードメインのドレッシングで。

IMG_6497.JPG
塩レモンでマリネしておいたトリ胸肉(ほんの少し)と、じっくりやいたなすびの炒め物。なすびは最初にオイルをまぶしてから焼いている。シンプルでもおいしい。

一緒に作ったタルトフランベは思いっきり皆に駄目だしされそうな失敗作でした。

うーん。
music, movie - -
たまにはprimitiveも良し。
まだJBブーム続いてます。

ファンク好きの友人によると、もちろんファンクを作ったのは彼だけれど、セックスマシーンとか、ちょっとプリミティブすぎる、とのこと。
確かに以前は私もそう思っていた。有名な曲しか知らなかったし。
歌詞も、リズムも、メロディも同じパターンの繰り返しが確かに多い。
でも、だからこそ、多くの人にサンプリングされたのだろうな。もちろんフレーズが格好いいのもあったけれど。
その単純なことを、”続ける”というのも悪くないなあと思う。
音楽だけじゃなく、生活や仕事でも言えることなんよね。

あまりたくさん考えすぎず、何かに集中してやっていくことは、この世の中を生きる一つの方法だと思う。

というわけで、仕事の前に気合いを入れる1曲。ファンク好きの友人もこれはいい!と。


プリミティブばんざい。
music, movie - -
I know you got soul.
ジェームスブラウンの"get on up"を封切り一番に観てきた。

映画の内容は、思った通りそれほど彼の半生を忠実に描いたものではなかったけど、私にとってはマルコムXの映画同様、映画になっただけでも意味があるもの。
ライブのシーンはでも、とてもよかった。
彼のビデオはたくさん出ているので、有名なTV番組のワンシーンやショーのビデオなど私もよく知っている。それがかなり忠実に再現されていて、つなぎもうまくて、しかもカラーで大きなスクリーンで観たので何度か鳥肌が立った。
中でもJBが慕うコンサートマネジャー役を演じたダン エイクロイドは特別だったし(存在が)、彼自身もうれしかったと思う。なんたって、Elwoodやもんね。自分のお葬式でJBに泣かれたら本望ではないかな。
アポロシアターでのシーンは、まさにブルースブラザーズのコンサートに来たjohn candyを思い起こさせて、思わずにやりとしてしまう。
時代柄いくつか人種差別的な表現もあるけど、むしろいいスパイスと言うか、どこか白人の黒人に対する憧れみたいなものが感じられているのもよかった。

オリジナルで観たので間違って理解したかも知れないけど、ファンク時代、高級ホテルの1室で練習しているときに、JBが演奏をやめさせ、Maceo Parkerに向かって彼のサキソフォンを”これは何の楽器だ?これはドラムだ!”というシーンがとても印象に残っている。
彼は本当に、頭の中に完璧に自分のビジョンがあって、しかもビートの人なんよね。ドラムとベース。ほかにもグルーヴ、について説明するシーンもあるのだが、まさにそこが彼の音楽で私が好きな部分、ヒップホップでいやというほどサンプリングされていることに通じる部分なのだと思う。godfather of soul なだけでなく、godfather of funk。

ファンクについて書くと終わらないので、次の機会に。

ジャクソン5のビデオ同様、プリンスが何度も練習したというJBのダンス。

photo 4.JPG
思ったら、初期のビデオを見ていると、うしろのフェイマスフレイムスもまんまノーザンソウルな踊りなんよね!

photo 2.JPG
格好いい!

photo 3.JPG
この腰の感じが重要。

photo 5.JPG
私生活ではいろいろ問題があっただろうけど、音楽とともに生きた人。

彼のダンスが一目で分かるビデオ。(普段しないけど)


like a sex machine!

ということで、また観に行かないと!
music, movie - -
お助けインド料理や、インド映画、アクセサリーなど。
一日中移動だったり、ストレスがいっぱいの時、元気を付けるためにインド料理のテイクアウェイを時々利用する。何度か書いているけれど、もともとタクシードライバーだった友人が教えてくれたお店。

レッツカレーで勝つ!(笑)。
photo 1.JPG
この日はたくさんでなく、フィッシュパコラと辛いチキンカリー。インディアンなコールスローも一緒に。パパダムは揚げ方を覚えれば簡単でおいしくてとても便利。

photo 2.JPG
パコラ、衣がさくさくでうまし。

photo 3.JPG
辛うしてね、と言ったらほんまに容赦なく辛かった。でもおいしい。
ただ残念ながら、辛すぎでこの日のおいしい白ワインの味があまりわからず。

ここ最近、典型的なインド映画、いわゆるボリウッドじゃない作品が多いせいか、インド映画のファンが増えているみたい。
それでも結構昔からそうじゃない映画はあった。たとえば”Salaam Bombay/サラーム、ボンベイ”は、今や有名なミラ、ナイール初期の作品(今見ると、ここにランチボックスのサージャンが、手紙代筆屋の役で出ているそう)。次の映画、”mississipi masala/ミシシッピー、マサラ”も好きだったな。インド人の女の子とアフロアメリカンの男の子の話。おたがい違うカルチャーに違和感を覚えつつも好きになり、、、。スパイク、リーの映画に通じるようなおしゃれでタフな内容だった。

とはいえ、私はボリウッドも好き。初めてカルカッタで見たときは本当にびっくりしたけど。
当時は4時間くらいの長いフィルムがほとんどで、間に休憩をいれないといけないほど。会場は満員で、ダンスやカップルのシーンになるとみんな大騒ぎ。

私が行った頃のインドでは、自由恋愛が認められてなかった。皆同じカーストの人と、親が占い師に聞いた時期に結婚するしか無かった。つきあうことはもちろん、人前で若い男女が話をすることもなかった。たとえばインド人が別のインド人の女の子に何か聞きたかったら、一度私に聞いて、代わりに私が答えるといった具合に。
ゴアで男の子ばかりのグループと知り合いになったときも、彼らは”さあ、これからカップルを見に行こう!”と、ビーチにいるヨーロピアンやアメリカンのカップルをただ見に行ったり。自由につきあえないから、想像の世界に住むしか無い彼らを思うと、あのこってりで、夢のようなダンスシーンが出てくるのもよくわかる。もっとも、今はだいぶ自由になったみたいだけれど、、行って確かめた訳ではないのでよくわからない。

ガラスで出来たバングルとか欲しいなあ、と思っていたら、友人がこんなすてきなアクセサリーを見せてくれた。これから販売するそうで、私もデザインでお手伝いさせてもらえることになった。

photo 3.JPG

当時、あんまりこういうのとかサリーとかあまり興味なかったけど、今はとても気になる。

photo 4.JPG
カリーは次の日別の料理でお弁当に。本格的サモサと合わせて、ランチボックスの気分で。

もしかして、manishaそろそろおいでとインドに呼ばれてる?
music, movie - -
共通の言語(個人的体験より)
共通の言語、というのはちょっと間違ってるけど、音楽や映画が好きなお陰で、言葉が足りなくても人とわかり合えることが多かったりする。
たとえば昔の曲を聴いて感じたことなんかは、逆に言葉では伝わらないかもしれない。もっと体に近いというか、なにかわき出るようなものだから。
ただその多くは、ごく若いときに見たり聞いたりしたものがほとんど。

思えば私が熱心に音楽を聴いていた頃は、すべてが自分を表すものだった。
好きな本も、映画も、着ているものも。(まあ、日本やったから無理があったとは思うけど)
面倒でもトップで髪の毛をくくったり、裏がつるつるの靴を履いたり。
両親の服を物色して着てみたり。かと思うと髪の毛をばさっと切ってみたり。

イギリスが好きだったのに、フランスの映画を見て突然ボーダーが一番になったり。

そしてそれは今でも余り変わらないのが、なかなか面白い。
だからその頃の感じを知っている人と、初めてでもいろいろ話せるのも楽しい。

そういうことは、とても貴重なことだと思う。

http://www.youtube.com/watch?v=YfpRm-p7qlY
music, movie - -
ベルリンで買ったレコード
photo 1.JPG
友人が教えくれて、ずっと行きたかったけどなぜか時間が合わずいけなかったミッテのレコード屋さん、3度目の正直でついにゆっくり見に行くことが出来た。
お店の人が本当にすごく親切で、”どれでも適当に聴いてね!”と優しく声をかけてくれる。ソウル、ファンク等はそれほど沢山ではないけれど、気持ちよくレコード探しが出来て満足。

連れて帰ったのはこの二枚。
photo 2.JPG
お目当てのits a shameは入っていなかったけど、アルバムが出たのは知っていたし、それにデザインが最高(4色特色刷り、いいなあ)。出身はウェストコーストらしいけど、あの北欧のsoul investifatorsと組んでいると聞けば気になってしょうがない。ノーザンあり、ヴィンテージソウルっぽい感じもあり、なんといってもどこかへなちょこな感じがいい。

でもそれよりも、買って良かったのがこの一枚。
photo 3.JPG
昔、テープしか持っていなかったアルバム、たったの2ユーロだった。こんな名盤が2ユーロなんて、フリーマーケットみたい。エレクトロなのだけれどアコースティックで、なかなか70年代の気持ちよさで。調べてみたらスティーリー・ダンのメンバーがプロデューサーだったそうで、だからその時の雰囲気が強いねんね。80sも強く残るけど、たとえばthe kings of convinienceなんかが好きな人にはおすすめ。

季節のいい頃、午後にうってつけな1枚。

music, movie - -
the lunchbox
photo 1.JPG 
今年観た中で、今のところ1番の映画。思わず続けて2回観てしまった。

場所はボンベイ(ムンバイというねんね、今は)。ボリウッドフィルムではなく、とてもとても繊細でいいお話だった。

主人公の、サージャン・フェルナンデスは妻を亡くし、まもなく定年を迎える孤独な男性。彼がどう孤独で気むずかしいかは、通勤途中、たばこを吸うシーン、新入りの同僚に対する態度によくあらわれている。
一方イラは、子供と夫と一件恵まれた生活を営んでいるように見えるが、夫はほとんど向き合ってくれず、家族と居るのに孤独な女性。彼女の母も病気の夫で精一杯で、1階上に住むアーティ(だったかな?)という年上の女性だけが彼女の話し相手。
そんな二人が、お弁当配達の間違いによって、食べ物でコミュニケーションを取っていく様が素晴らしい。彼女の味見のシーンや、好物が入っていて思わずにやりとするサージャンの表情など、実に実にデリケートで嬉しくなってしまう。そのうち手紙でお互いの気持ちを表すようになり・・・あとは書かないけれど。

一見明るく見える新入社員の彼も(Y蔵さんによく似てる!)、本当は家族のいない、コンプレックスを抱えた孤独な若者なのも何とも切ない。最初は余り信用できない感じかと思ったけど、実は細かいところに気がつく、とても優しい人なのだ。

結局、人はそれぞれ皆孤独なのだなと思う。それとどう向き合っていくか、どう楽しく生きていくか、なのだと思う。

お弁当によって、新入社員によってサージャンが少しずつ明るく、人とも話せるようになっていくのはとても素晴らしい。中でも満員電車の中でおばあさんに見つめられて、一瞬向こうを向いてしまうのだが、暫くしてほほえむと、彼女も満面の笑みで答える・・・みたいなシーンは本当に救われる。愛は強い。北風と太陽のように。
(もっとも、私がインドに行ったときは、ものすごく沢山の人が無表情で見つめることが多かったけど。)

イラのなんでもない普段の格好や、最後は手放してしまう結婚の時のアクセサリーも素敵。先に書いたようなお料理をするときの表情もしぐさもすごく自然で美しい。

最初に訪れた街がボンベイなのもあるけれど、この映画はその時の空気や音も思い出させる。なんかまた、インドに行きたくなるなあ!
music, movie - -
| 1/2 | >>