manishasdesign designworks
2回めの chef 鑑賞。this is it!
chef、こんなにいい映画なのに、たったの1週間しかかからなかった(英語バージョン)ので、この日が最終日。

というわけでmiami, i am back!

やっぱり素晴らしい。あっさりと黒バックにタイトルのみの出だしも、昔の映画みたいで逆に新鮮。音楽も食べ物シーンもたまらない。
なんといっても、登場人物が皆いい人たちなのだ、基本的に。欠点もあって、でもいいところもあって憎めない。傲慢で頑固なレストランのオーナーですら。いろんな意味で寛容な映画。そこが私は好きなのかもしれない。言葉遣いはとても乱暴なのだが、優しさや繊細さがにじみ出ている感じ。正直で、理解があって。

photo 4.JPG
一番好きなシーンの一つ、大人たちがsexual healingを歌うところ。息子のパーシーは最初きょとんとしているけど、途中で意味が分かるのか苦笑。
ニューオリンズからテキサスに向かうトラックからの風景、ブラスバンドバージョンのsexual healing、なんか、アメリカに行ってみたくなる。


これもいつか是非作るつもり。待っててよ、マイアミ。
food - -
<< NEW | TOP | OLD>>