manishasdesign designworks
prince
DSC_0009_25.JPG
しばらくお手軽なものばかり使っていたから、本当に久しぶりの更新。
プリンスが突然なくなってしばらくたったのだが、まだ心の隙間が埋まらない。
友人のメッセージで聞いたときも、信じられなかった。他の人も書いているが、なんとなく、彼は死なない気がしていたから。
それほど彼は特別だから。

初めて見たのは深夜のテレビ番組。その頃はイギリス発のポストパンク、レゲエなどの音楽に夢中だったし、それ以外の音楽にはほとんど興味がなかった。でもビキニパンツでギターを背中に持ちパフォームする彼に釘付けになってしまった。
今までそういうビジュアルの人を見た事が無かったし、ファンクというものもほとんど知らなかった。
ヴァニティのビデオのあと流れた1999とlittle red corvetteにさらに釘付け。
なんといえばいいのか、説明の出来ない状態で、とんでもなく引かれてしまった感じ。

次の日、音楽好きの友達と(彼女も大興奮してた)、彼の話でもちきりだったのは言うまでもない。
そうこうしているうちにパープルレインが公開され(あのときは一夏そればかり聞いていたような気もする。個人的にはそれ以前のアルバムの方が好みではあったけど)、初めての日本公演にも行き(日本で見られるとは思わなかったので、感激のあまり号泣)、もう一度ライブを見て、何度かアルバムが出て、また聞いて・・・名前が変わり、以前の名前に戻してしばらくしてからは、それまでのように熱烈にチェックする事はなくなったけど、いい感じに年を重ねて行く彼は、私の音楽ライフのどこかに、いつも居てくれた気がする。数年前にジャズフェスティバルのチケットを探したけれど、とっくに完売していたっけ。いつかミネアポリスの1st Av.に行くのが夢やったのにな。

彼の何でも吸収して独自の世界にした音楽が好き。ソウルもジャズもロックも、ファンクはもちろんヒップホップも、あえて書くけどR&Bも(アルバムのジャケットにもあったけど80sのtwo toneやクラッシュ、new waveも好きだったそう)。それにハウスやジョニ・ミッチェルのような世界まで。とんでもない歌詞も多かったけど、さびしんぼうで恥ずかしがりやで控えめな内容の曲もいっぱい(これこそが彼の世界と思う)。彼の曲でヒットしたシンガーの多い事。
硬派の音楽評論家や、現代音楽の作家まで、”気になるのはプリンス”と言わせてしまうのは、ジャンルを超えた、独自の世界があったからこそじゃないかな。

音楽ビジネスにも勇敢に戦ったし。

そんな彼がもう居ないなんて。ちょっと途方に暮れてしまう。

DSC_0048_7.JPG
ビジュアル的には一番好きな、インナースリーブ。色と言いバランスと言い最高。

プリンス。



 
music, movie - -
<< NEW | TOP | OLD>>