manishasdesign designworks
inputの大事さと、outputの大切さ
photo[1].JPG 
ある日、時間を見つけてモードイラストレーター、René Gruauの展覧会に行ってきた。スケッチ、イラストレーションの他にリトグラフなどもあった。場所がBMW博物館の一角で今ひとつ効果的でなかったのが残念だったが、やっぱり原画を見ることはとても大切やなあとしみじみ思った。彼は雑誌や、ギャラリーラファイエットの広告、パリのレビューなどのポスターも手がけていたので見たことのある人も多いかも。線が美しく、画面のトリミング、カラーリングも絶妙。
今のコンピュータ作業と違って、一度筆入れを失敗したらもう一度一からやり直しやもんなあ!

photo.JPG
スミのムラ具合、踊り子達の表情・・本当に素晴らしい。

私もずっとずっとデザインをしてきたけど、働いてからこの方、ずっと依頼者のために制作してきた。今やっと、自分で何かを作りたいと思っている。Tシャツもそうやし、コラージュもそう。と思っていたら別の友だちも、同じようなことを考えていたりして面白い。この頃ネットを中心にデジタルなインプットばかりしてきたので、この辺でアナログなアウトプットもやっていこう。でないとパンクしてしまう。
格好良いものじゃなくてもいいのだ。
design - -
3 is a magic...
 3Tshirt.jpg
亀の歩みのTシャツ作り・・・ずっと前に作ったTシャツを着た写真を友だちが送ってくれた。いいやん!似合ってるやん!格好ええやん!と自画自賛。
他にも今温めているアイディアがあって、乾いてしまわんうちに実現せねば(汗)。スクリーンも乾いたらえらいことになるからね。

もちろん、の曲から来ています。

design - -
なつかしい写真の思い出
020.jpg
ウェブサイトを新しくしようとしていて、古い写真の整理をしていたら、こんな写真が見つかった。とってもなつかしい、イルフォードの紙焼き用紙。一番好きなのは、これのマットかな。でもすっごく高くて、使うのには勇気がいった。

大昔、写真の課題で真夏に暗室にこもらなければいけなかったことがある。 確か学校はもう夏休みで、当時はいまいち写真に興味が持てなくて、シルクスクリーン同様、嫌々やっていたはず(今となっては非常に残念。まじめにやっておくんやった)。
それでも写真の引き伸ばしは面白くて、結構集中して3時間くらいやったと思う。もちろん冷房なんかなくて、中はすごく暑かった。
一休みしようと、お向かいの喫茶店に行こうとしたところ、校舎を出たとたん目の前が真っ暗になり、立っていられなかった。結局はうようにしてドアを開けたら、お店の人がえらい驚いて、すぐ冷たい飲み物を出してくれた。まさに、砂漠でオアシスに出会ったような。小学校の遠足の時、日射病を起こして真後ろにぶっ倒れたときと同じような糸の切れ具合。

就職した先が、たまたま撮影の仕事が多かったので、それからとても写真に興味を持つようになった。とはいえ、撮る方ではなくアイディアを考えたり、それでデザインする方ではあったけれど。あの当時、たくさんいいものを見ることが出来たのは大きかったと思う。4x5サイズのポラロイドの色がものすごくきれいなこととか、自然光の美しさとか。

R0013225.JPG
それまでは、写真は湿気は表現出来ひんと思っていたけど、ちゃんと表現出来るねんね。
もし今予算のある仕事が出来るなら、ポラでテスト、最低6x9のポジで撮影してもらいたい。

design - -
あっという間の11月とはちみつ
10月に続き、11月も日本からのお客様も多く、仕事もなかなか沢山だった。平日はなるべくゆっくりするようにして、深く物事を考えないようにし、少しでも野菜を多く摂るように心がける。

このところの朝のお楽しみは、豆乳ヨーグルトとはちみつ。
honey.jpg
どちらもいただきもの。左はスイスのはちみつで、さわやかな風味。すこしじゃりっとしている。右はミュンヘン郊外のもので、おだやかかつ濃厚な味。どちらもすごくおいしい。
子供の頃は、はちみつ苦手やったのになあ・・・くせがあって、ネタネタして、それが嫌いだった。ずいぶん後になって、宮古島で食べたはちみつで一気に大好きな食べ物になった。アメリカ軍の落とし物・・・もともと日本にはなかった小さな花で作られたはちみつ。
口に含むと、本当に幸せな気分になる。日本語も英語も、ドイツ語の響きも素敵。心と体に効く甘いもの。

design - -
ロゴデザイン
logo_kirschbluete.jpg
日本のテキスタイルやマスキングテープ、フランスの文房具などもあつかう雑貨屋さんのロゴ。他には手作りのプラリネなどもあって、なにかちょこっと贈りたいときにいいかも。お互いにイメージを話し合いながら進めていくのは楽しかった。
design - -
ライフワーク 新作 new original Tshirt
pora-2507.jpg
最近作ったTシャツ。モチーフちょっと見にくいかな?またきちんと撮影したらアップします。タイポグラフィは楽しいー。そのうちアンチnuclearも作ろう。
design - -
いつかまたやりたい仕事
 map_pora.jpg
大分前に、ミュンヘンの日本語マップを制作したことがある。地図を一から作るのなんて初めてで、とても大変だったけれど、おかげで今でも、中心地だったらかなりの通りの名前が頭の中に入っている。文字もどうしても見出しゴシックで統一したくて、それをアウトラインかけてレイアウトするのは、直しがあったときもとても面倒だったなー。(見出しゴシックは31も101も美しい)

改訂版ではより大きくなって、でもたためばとてもコンパクト、たたんでも見やすい、と言うのがかなり便利で、元々は日本人向けだったのに、ある日外国人の人が広げているのを見たときにはちょっと嬉しかった。

美味しいレストランや、可愛いお店を見つけるのも大好き。今はそれでも大分知らないお店が減ったけれど、嗅覚は衰えていない(はず、笑)。
日本から来る人たちのために、住み始めた人のためにもこれの更なるバージョンを作りたい。実は動いていたのだが、3月11日のことで、自分自身が大きく揺れてしまった。
何時かチャンスがあるといいな。
design - -
ライフワーク mein Lebensarbeit
もうかれこれ十年くらい、(でもすっごく細々と)個人的にTシャツを作っている。コストやテクニック的に可能な範囲でしか制作できないけど、続いているのはやっぱり好きやから。

poraT.jpg
(写真はちょっと大分着た後ですが・・・)なるべくシンプルに、でも文字組&メッセージは凝りつつ。とはいえ永遠に時間をかけていられないので、ある程度で決定していく。
そんな進め方は頭の体操にもなってすごくいい。逆に時間のないときの方が、面白いことが出来るような。
でも、なんか心からアーティストではなくデザイナーやなあと思う。制限があるから、返って面白いなんて。小さい自分、笑。

design - -
日本語教科書 Japanisches Lehrbuch
lehrbuch.jpg

もう何年にも渡って担当している、日本語の教科書(改訂版)が完成した。
こちらではやたらA4のサイズが多くて、天地を縮めているのは私の大きなこだわり。(女性のバッグにも入りやすく、圧迫感がない。それからコピーが難しい、笑)
エディトリアルは、本当はとても好きな部門。全体の雰囲気を決めたり、余白を考えたり・・・ページ数が多いと大変だけれど、やりがいがあるし面白い。
今ひとつなイラストが多い中で、このキャッチーなキャラクター達は、学習者のやる気を上げると思う。漫画、音楽をはじめ”ビジュアル系の日本”なのだから。
本当は余裕があれば、もう1つ太さの違う教科書体が欲しいのと、字間をもっとこだわってみたかった。(んなことしてたら、終わりませんが)
一人でも学べる教科書なので、沢山売れますように。
design - -
みんなの愛と努力の結晶
・・・亀の歩みのブログです。

このブログでも紹介しているeauの最新パンフがついに完成。
彼女は自分が本当に気に入ったものを、実に丁寧に制作している人。生地の組み合わせやフォルムにはとても厳しく、カジュアルな中にも持つ人を選ぶこともある。でもファンはだんだん増えつつあるし (私も愛用している一人)、そろそろ何かガツンとパンフレットを作らないとなあ、しかし写真はどうする?と話していたある日。
ワインやさんで知り合った、カメラマンのヤンが一言、”じゃあ僕が写真撮ったる。君らとも仕事したいし、宣伝にもなるし。”と持ちかけてくれて、この夢の競演が実現。


もちろん、張り切ってアイディア出しから、デザイン・レイアウト、撮影立ち会い、版下までやりましたとも!モチーフは可愛いし、ヤンとの仕事も素晴らしかった。いいカットが取れると、何も言わなくてもすぐわかる。これって久しぶり。カリーナも素人ながら動きのよさと、リラックスぶりはまるで本物のモデル。

そして何より、すべて信用して任せてくれたeauに感謝。制作者身寄りに尽きます。

パンフレットは結局CDサイズ、堂々8ページになりました。どの写真も素晴らしくて、選ぶのが難しいシーンもあった。

 例えばこれ。

こんな機会を与えてくれたすべてのものに感謝。楽しかったです。さー営業営業。
design - -
<< | 2/3 | >>